読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポイントサイトでビットコインが無料で手に入るキャンペーン

ニュースやテレビ番組でもよく取り上げられている仮想通貨のビットコイン
そのうち、記事にしようと思っていましたが、以下のようなキャンペーンが12/7(水)から行われていました。

続きを読む

ANAマイル有効期限前のSKYコインへの交換

特典航空券に利用しない場合のマイルの使い道はどのようにすればよいのか。
現実的に目前に迫ったマイル有効期限をいかに有効に乗り切るかが課題となる人は多いと推測します。

ひとつの方法として、ANA SKYコインへの交換があります。

続きを読む

年会費無料の無印良品のMUJIカードがお得だった

インドには無いがバンコクには店舗を構えていた『無印良品』。

「バターチキン」と「フライパンで作るナン」で、ほんのりインドを感じることができる無印良品。その無印良品が提携して発行しているクレジットカードが「MUJIカード」です。

年会費無料なので、無印良品を利用する人なら持っていて損はないカードだと思いますので、実際どのような特典があるのかまとめてみたいと思います。

続きを読む

インドのイメージで良くない部分について

この手の事件がよくニュースで取り上げられてインドの印象を悪くしています。
当然、事件を起こした男が悪いと思います。

続きを読む

海外出張で『アジア・マイル』が貯まる

f:id:takudeep:20161123214928j:plain
かつてインドにいたころに貯めていたマイルはANAマイルでしたが、最近はフライトで貯まるのはほぼ「アジア・マイル」です。

「アジア・マイル」は、キャセイパシフィック航空が運営するマイレージプログラムです。キャセイパシフィック航空の他にも子会社であるドラゴン航空、ワンワールド加盟航空会社15社、パートナー航空会社9社も併せて航空会社25社のフライトに搭乗することでマイルを獲得することが出来ます。

アジア・マイルでは会員の利用実績に応じたランク制度は存在しないので、いくらマイルを貯めても、ラウンジを利用したり優先搭乗したりできる上級会員への道は開けません。そういった上級会員向けサービスを利用したい場合は「マルコポーロクラブ」への入会が必要です。

続きを読む

インドは自撮り事故が最多?

昨日に続き、ニュースからの情報をもう一本。

カーネギーメロン大学とインドラプラスタ情報技術大学デリーの研究で、2014年3月から9月までに起きた自撮りにからむ死亡事故127件のうち、76件がインドで起きていることが分かったとニュースになっていました。

同様の死亡事故は過去2年間でパキスタンで9件、米国で8件、ロシアで6件だけだとも。

自撮り事故とは

2015年だけで、近づいてくる電車の前、ボート、峡谷、滑りやすい川辺などで、自撮りしようとして死亡につながる事故が起きているようです。タージ・マハルでは観光中の日本人観光客が自撮り中に階段から転落し、頭部を打ち死亡した、というものも。

自撮りの13%が危険な状況下で行われていて、犠牲者の大部分は若い人であり、男性が多いとのことです。

「オレってこんな危険なことやってるんだぜ」

みたいなアピールですね。

昔と違って、今はスマホで簡単にリアルタイムで多くの人に自分の勇姿を見せつけることができます。

研究内容を報じたニュースでは「自撮り事故がインドで多い」となっており、インド人が多いとは書かれていませんが、自撮りに限らず、インド人は写真が好きです。

Facebookなどのプロフィール写真では、若いやつは必ずと言っていいほど、みんなカッコ良さを追求したんだと思われる渾身の決めポーズです。

まとめ

研究内容の詳細までは調べていませんが、 日本人の事故から推測するに、観光地であり、自撮りしたくなるような場所での安全対策が十分にできていないことも事故が増える要因のひとつなのではないでしょうか。

ちなみに自撮りのことを英語で「セルフィー」ということをこのニュースで初めて知ったという私は自撮りとはあまり縁がありません。

鉄道大国インドで列車事故と高速鉄道計画

f:id:takudeep:20161123103448j:plain
※写真はインド鉄道の良いイメージです

インドの鉄道事故に関するニュースが報じられています。

インド北部で20日早朝に急行列車の脱線事故が発生しました。
夜通しで捜索活動が行われ、21日までに死者は142人に達したとニュースでは伝えられています。
多数の乗客が車両内に閉じ込められたままになっていて、生存者の発見はほとんど見込めないといいます。

続きを読む