読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

海外赴任で貯めたマイルの使い道

海外赴任するとまず間違いなく飛行機に乗る機会は増えるかと思います。飛行機が嫌いな方で、赴任先が近隣諸国なら船も選択肢には入るかもしれませんが、多くの場合、飛行機を利用されるかと思います。

海外赴任が決まったらマイレージカードを作ろう

海外赴任が決まったら、マイレージカードの発行を行っておきましょう。搭乗マイルを貯めることができるのも海外赴任者のメリットです。日本でコツコツとクレジットカード決済でマイルを貯めていた方も今後は1回の搭乗で数千マイルを貯めていくことができます。

 

私の場合、赴任先はインドで、ANAタイ国際航空(TG)とスターアライアンス加盟航空会社を多く利用することになりそうだったため、ANAマイレージクラブに入会しました。そのときに作ったカードはクレジット機能無しのマイレージカードでした。

後々、スーパーフライヤーズカード(SFC)を発行することになったときに少し後悔をしました。というのも、SFCは取得する権利を得るために飛行機に多く搭乗する必要があり、普段日本でのほほんと生活していた自分には絶対に権利すら得られないものでした。一方でSFCはクレジットカードでもあるため、発行には一定の審査があります。カードを取得する権利を得たのに、クレジット審査で落ちるなんてことになったらどうしようかと発行まで不安で仕方なかったです。(自分のクレヒスに問題があったわけはないですが)初めからクレジット機能付きのANAカードを発行していれば、同ブランド、同等ランクのカードへは切り替えという形でSFCを発行できます。先ほどのような不安を抱えずに済んだのです。

これからANAカードを発行して、将来SFCを目指そうとお考えの方はぜひ一般カード以上のANAカードを発行しておきましょう。

 

ちなみに学生時代にはバックパッカーの真似事をやっていた時期があり、長期連休のたびに飛行機に乗っていました。そのころはマイルを貯めるなんて考えは一切持たず、ただ旅行サイトで格安航空券を購入し、海外をフラフラしているだけでしたが、赴任中は一転してマイルを取りこぼしなく順調に貯めていきました。

有効期限があるマイルを何に使うのか

 航空券と交換して旅行に行ったり、帰省したりすることが最も有効な使い方ではないでしょうか。でも、航空券だけ手に入っても、旅先ではホテル代も必要です。また、観光するにも遊ぶにもお金がかかります。実家に帰省することに利用できればうれしいですが、残念ながら我が家の場合は車でも2時間足らずで着いてしまうので、利用できません。

 

そんなことを考えながら、帰国後の日々を過ごしていると、なんと一部のマイルの有効期限が迫ってきたのです。そして、期限の差し迫ったある日のことでした。

 

私は有効期限の迫ったマイルをTポイントに交換したのです。

 マイルは各種さまざまな提携ポイントとも交換可能

 私は有効期限の迫ったマイルをTポイントに交換しました。ちなみに同時期にインドへ赴任した同僚にもマイルの使い道を確認したところ、「楽天のポイントに交換した」とのことでした。マイルは様々な提携ポイントへも交換することができるのです。

 

f:id:takudeep:20160830234145j:plain

●交換マイル数に注意

 期限の切れるマイルを、急いで普段利用している手頃なポイントへ交換するのはいいですが、実はポイント交換には限度があります。提携ポイント交換マイル数累計が20,000マイル(2口)までと、それ以降の場合では、交換レートが変わってくるのです。

 

Tポイントを例に説明すると、

 

<20,000マイル目までの交換>

〇1回目の手続き 10,000マイル(1口)を「Tポイント」に交換 ⇒ 10,000ポイント

〇2回目の手続き 10,000マイル(1口)を「Tポイント」に交換 ⇒ 10,000ポイント

 

これで合計20,000マイルを提携ポイントに交換したことになります。

 

<30,000マイル目からの交換>
〇3回目の手続き 10,000マイル(1口)を「Tポイント」に交換 ⇒ 5,000ポイント

以降も同様

 

1マイル=1ポイント(1円相当)のレートが30,000マイル目(3口目)以降では1マイル=0.5ポイント(0.5円相当)になり、一気に半分になります。

これではさすがに交換する気になりませんよね。

 

ただし、これは同一年度内での制限のため、次の年度になれば、再び10,000マイル=10,000ポイントのレートで2口交換できるようになります。

 

私の場合、今は20,000マイルを交換したところで、残りのマイルはまだ有効期限があるため、結局交換しないままなんですが、今後使い道を決めなければいけません。

 

 

 


 

 

 

 

広告を非表示にする