海外駐在員の仕事の一つである出張者のお出迎え

出張者の空港出迎えは駐在員にとって、大事な仕事のひとつと言えます。特に治安がけっしていいとは言えないインドにおいては特に注意を払う必要があります。

 

 かつては旅行者としてインドに降り立ったことも

デリーの空港に到着した旅行者を陥れる悪徳タクシーの存在が懐かしいです。

かつて、旅行者としてインドを訪れた私は地球の歩き方に乗っていた到着時のトラブル事例のひとつ「空港でタクシーに乗ったら、変な旅行会社に連れて行かれて、高額なツアーを組まされる」を途中まで体験したことがあります。そのときは変な旅行会社までは行きましたが、ツアーは組ませずにサヨナラしました。料金は払わず、最寄りのメトロ駅からパハール・ガンジ(ニューデリー駅前の安宿や旅行会社、土産物屋が集まるエリア)の近くまで電車で移動できたので、ちょっと得しましたが、夜中到着の早朝にかけての出来事だったのでさすがに疲れました。

トラブルに会って、後で笑い話にできるのも、インド旅行のおもしろいところです。

 

悪徳タクシーって本当にいるんですよね。インド赴任中も、空港で自分の車を待っているときにボッタくり金額を吹っかけてくるタクシードライバーがいました。インドに住んでいる人間にそんなことは通じませんが、いまだにそういう人間が活動しているんだな、と認識しました。

 

 深夜到着でも迎えに行く、出張者には公共交通機関は使わせない

日本からの出張者はホテルタクシーの運転手にピックアップしてもらうか、私たち自身で直接出迎えに行くかのどちらかの対応です。インドの場合は適当にタクシーを拾ってもらったり、バスや電車などの公共交通機関は利用させないのが基本です。もちろん、インド特有の乗り物であるオートリキシャもダメです。

インド初心者の出張者の場合や一度に多数の出張者が来る場合、VIPが来る場合、顔なじみでさっそくご飯でも行こうかという場合などは直接出迎え、慣れた出張者はホテルタクシーの運転手に任せてしまう感じでした。

 

ただやはり到着時間は多少変動するものです。早めに行ったら遅れていたり、逆に渋滞で空港への到着が遅れたら、すでに到着していたりでタイミングを合わせるのは難しいものです。デリーでは冬には濃霧も発生します。到着が遅れ、4時間以上空港で待ちぼうけを食らったこともありました。

 

航空便リアルタイム追跡で到着時間を調べよう

f:id:takudeep:20160903000210j:plain

 日本国内だけでなく、世界中で今飛んでいる飛行機の位置情報や到着予想時間を簡単確認することができます。

インドでは予期しない渋滞に摑まって身動きがとれなくなることもしばしば。また、冬季は濃霧の影響による発着の遅れは頻繁にあります。反対に余裕を持って迎えに行くと、早く着きすぎた、なんてことも。飛行機の到着時間が気になるときはこれで簡単に調べることができます。

ja.flightaware.com

 

成田発のデリー行き、ANA便を調べるとこんな感じ。

f:id:takudeep:20160903000338j:plain

まとめ

まあ、定刻通りにさえ迎えに行けば文句は言われません。時間に余裕を持って迎えに行けば間違いありません。でも、出迎えにかかわらずリアルタイム追跡で飛行機の動きを眺めるのもおもしろいです。子どもに見せたりすると興味深々で眺めています。

 

荷物を受け取った出張者が出てくるまでは、出口付近のコーヒーショップで時間を潰すのもひとつの方法です。

f:id:takudeep:20160903000708j:plain