インド出張者が帰国時に注意すること

インドへの初めての出張を終えて、あとは日本に帰るだけというとき、最後に注意することがあります。行きは海外の空港での乗り継ぎや、空港まで迎えに来てくれているはずの駐在員やホテルタクシーの運転手にちゃんと会えるか、など不安でいっぱいな出張者がたくさんいました。そんな人たちも帰りのことまでは心配していないかもしれません。

空港に入るのもチェックを受ける必要があります

インディラガンディー国際空港はセキュリティの関係上、飛行機に搭乗する人以外は空港内に入ることができません。空港では入口に警備員が立っていて、パスポートとeチケットの控えを全員チェックされます。

 

f:id:takudeep:20160906232411j:plain

 

日本のようにチェックインを済ませてから、ぎりぎりまで家族や友人と過ごす、というようなことはできません。出張者を見送る場合も空港入口前に送り届けて終わり、あとはお気をつけてお帰りください、で終了です。

 

仮にeチケット(紙面、電子データ)を忘れたときに、どうやって空港に入るか。

残念ながら、経験がありませんし、そういう経験をした人に今まで会ったことがありません。

チェックインの注意

 機内持ち込み荷物にはひとつひとつに写真のようなタグをつける必要があります。これはチェックインカウンターでもらえます。このタグには手荷物検査を通った後にスタンプが押され、最終的に飛行機搭乗直前でタグとスタンプの有無を確認されます。つけていなっかり、失くしたりしたことが搭乗直前のチェックで判明すると厄介なので、必ず注意するようにしましょう。失くした場合は荷物の中身をその場でチェックされることは覚悟しておきましょう。

 

写真はキャセイパシフィックのタグです。

f:id:takudeep:20160906232423j:plain

手荷物検査での注意

 ライターを没収されます。私は喫煙しないので特に害はないですが、喫煙者の方は注意が必要です。

あと、空港に限ったことではありませんが、検査する人間の動きはとにかく遅いです。

そんなに混んでいないのに異様に待たされたりすることもあります。時間と気持ちに余裕を持って臨みましょう。

ラウンジは正直、食事にはあまり期待しないで

 期待しないで、と言いながらPLAZA PREMIUM LOUNGEのバターチキンを食べるのが習慣になりつつあります。やっぱりインドで食べるバターチキンはおいしいんですよね。最近は出張に行ってもゆっくりおいしいカレーを食べに行く時間も無いので、帰る前の最後の楽しみになりつつあります。写真がないのが残念です。

まとめ

どうでしょう。知っていれば、何も心配ないですね。あとは免税店で土産を買ったり、スタバのコーヒーを飲んだりもできます。夜便で日本に帰る方が多いかと思いますので、ゆっくりしていて、寝てしまって乗り遅れることだけ注意して、最後のインドを満喫しましょう。飛行機が飛び立つころには駐在者はアパートに帰って寝てしまっているでしょう。

 

 

 

広告を非表示にする