インド赴任者が持つべきマイレージカードはANAかJALか

f:id:takudeep:20161123000025j:plain
幸か不幸かインドへ駐在することが決まったら、さっそくマイレージカードを準備しておきましょう。赴任中は出張や一時帰国で飛行機に乗る機会が増えるはずです。せっかく飛行機に乗るのにマイルを貯めないのはもったいないです。これまで飛行機とは縁のなかった生活を送っていた人も、とりあえずマイルを貯めておけば、何かの役に立ちます。マイルの使い方を調べるのは後でもいいので、まずはカードを準備しておきましょう。また、ANAのスーパーフライヤーズカード(SFC)やJALJGCを目指すにもまずはマイレージカードです。

どんな航空会社が就航しているのか

では、インドのデリーにあるインディラガンジー国際空港に就航する主な航空会社を挙げてみます。日本から直行または乗り継いで行ける路線です。


ワンワールド加盟航空会社
日本航空(JAL)
キャセイパシフィック航空

スターアライアンス加盟航空会社
全日本空輸(ANA)
タイ国際航空
シンガポール航空
エア・インディア


日本に帰任した後も継続してマイルを貯めていくなら、ANAJALのカードを持っておくことになるでしょう。どちらも上級会員になれば、同系列アライアンスの航空会社を利用する場合も同等のサービスを受けることができます。例えば、ANAで上級会員であるプラチナサービスに到達していれば、スターアライアンスのゴールドメンバーということにもなるため、タイ国際航空シンガポール航空を利用しても、ラウンジに入ったり、優先搭乗したりできます。


キャセイパシフィック航空には上級会員向けの「マルコポーロクラブ」というマイレージプログラムがあります。香港経由便になるので、香港に立ち寄ったりする場合はメリットがあります。上級会員の維持が難しいことと、日本でのマイルの貯めやすさについては、ANAJALに劣ってしまいます。

実際、ANAカードとJALカードではどっちの利用頻度が高いか

年会費のかからないクレジット機能無しのマイレージカードであれば、どちらも発行しておいて良いと思います。ただ、利用頻度を考えるとやはりANAカードになると個人的には考えます。

インド駐在員にとっての楽しみのひとつに、タイやシンガポールへの買い出し旅行があります。今でこそ、デリーやグルガオン近辺には日本食屋さんも増えてきてはいますが、やはり値段や品質、内容を考えるとまだまだ他の東南アジアの国には劣ると思います。

まあ、食事だけに限ったことではありませんが、連休になると、日本人の多くはタイ、シンガポール、もしくはモルディブやドバイへも出かけていくわけです。そのなかでもやはり、物価の安さや、日本人が多く住んでいることで、日本のものや食べ物が手に入りやすいタイに行く人が多いでしょうか。
ゴルフやビーチリゾートも楽しむことができるので、日本からの旅行者にも人気の国ですからね。インドからだと片道約4時間です。


また、シンガポールはユニバーサルスタジオやナイトサファリなど、子どもが楽しめる場所もたくさんあり、家族連れに人気です。


そんな、タイ国際航空シンガポール航空はどちらもスターアライアンスに属しています。もちろんそれぞれの航空会社のプログラムでマイルを貯めても良いですが、ANAカードを持っておくことにメリットがあると思います。


私の場合、日本に帰国するときもANA便ではなく、タイ国際航空を利用してバンコク経由で日本に帰ることもしばしばありました。特にANA便の日本⇔デリーは成田発着しかなく、関西在住の私はANA便で伊丹⇔成田⇔デリーか、関西国際空港に発着しているタイ国際航空関空バンコク⇔デリーをよく利用していました。まあ、どちらも乗り継ぎ地で待たないといけないのは同じですが。

両社を利用すれば、マイルと一緒にプレミアムポイントも貯まりますので、ANA上級会員で、SFC発行可能な「プラチナサービス」も目指すことができます。


JALカードを持つメリットについては、JALは発着時間の良さが好印象です。ANAはデリー発着時間が深夜になるため、搭乗までに非常に眠くなります。冬は濃霧の影響で搭乗時間が遅れたりするのでつらいです。日本語が通じて、成田からの直行便が飛んでいて、発着時間も比較的良いとなれば、実はインド初心者にとってはJALはおススメです。

まとめ

インド赴任者が日本以外によく行く国と将来的に上級会員を目指しやすいという意味でANAカード推しで書きましたが、上級会員に興味が無ければ、路線に合わせてマイルを貯めれば良いだけの話ではあります。




無料でマイルや価値が高騰する仮想通貨を貯められる『モッピー』
お金がたまるポイントサイトモッピー