海外送付サービスで楽天やZOZOTOWNを利用

海外にいると日本の缶コーヒーがたとえ1本400円で売られていたとしても、買ってすぐに飲みたいときがあります。海外生活において、日本のものを気軽に入手できる手段があれば、多少お金がかかったとしても利用したくなることがあります。でも毎日そんな高いものばかりにお金を使うわけにもいきません。

そんなときに利用したいのが、日本から海外へ食品や雑貨などを送付してくれるサービスです。
私がインド滞在中にお世話になった海外送付サービスの会社について紹介します。

海外送付サービスで食料は充実

f:id:takudeep:20160927223738j:plain

JESは海外への食料品、雑貨などの送付を行ってくれる会社で、オンラインストアからほしい日本の商品を選んで注文すれば、指定した海外の住所まで送ってくれます。パッキングやインボイスなど面倒な手続きもすべてやってもらえるので、日本でオンラインショッピングを行うのと変わりません。

f:id:takudeep:20160927223805j:plain
さすがに賞味期限の短い生ものは発送してもらえませんが、インスタント食品やお菓子、お米、調味料、栄養補助食品を始め、ベビーフードやベビー用品、お風呂や台所の生活用品まで大抵のものが揃っていますので、かなり重宝しました。値段も下記を見ていただくと分かりますが、そこまで割高でもありません。現地の日本食材店ではびっくりするような値段で商品が売られています。
f:id:takudeep:20160927223818j:plain
f:id:takudeep:20160927223829j:plain

ここで買えないものや賞味期限の短いものを日本への一時帰国やタイ、シンガポールなどへの買い出しで揃えれば良いわけです。
過酷そうに思えるカレー大国インドの生活も、こうやって成り立ってくるわけです。
昼は会社で現地のカレーを食べても、夜は日本のレトルトカレーが食べたくなることもあります。それが意外と簡単に入手できる海外送付サービスは利用価値は大きいです。

商品送付代行も利用価値あり

また、JESではオンラインストアのリストにない商品でも自分で準備すれば送付代行もやってくれます。
例えば、日本にいる家族に準備してもらった食材や雑貨などもJESに送ると、海外へ発送してくれます。楽天やアマゾン、ZOZOTOWNなどで購入した商品をそのままJESへ送っても、海外へ発送してくれます。

私の場合、家族に頼んで、畳マットを送ってもらったことがあります。2メートル×2メートルくらいのサイズのもので、折りたたんでもそこそこの大きさになりましたが、インドまで送ってもらえました。

www.jesc.co.jp

まとめ

海外生活においては現地にあるもので生活が成り立つのが一番良いですが、日本人ならやはり日本のものが恋しくなりますよね。JESのように海外への送付サービスをやっている会社は他にもあるので、うまく利用して、ストレスの少ない海外赴任生活をしたいものです。


▼ネットショッピングはハピタス経由でお得に
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

広告を非表示にする