海外出張にキャセイパシフィック航空の『マルコポーロクラブ』

インド赴任中にANAのプラチナサービスの条件を満たし、スーパーフライヤーズカード(SFC)を発行して以降、ANAは元よりスターアライアンス加盟の航空会社も利用する機会がなくなっている状況が続いています。
いろいろな事情によりJALキャセイパシフィック航空のどちらかしか乗らない状況が続いており、そんなわけで今はSFCよりマルコポーロクラブの会員特典を利用させてもらっています。
インド出張において、乗り継ぎする空港での時間の過ごし方はビジネスラウンジでゆっくり過ごすに限ります。物珍しさで空港をウロウロしたりするのも最初の1回だけです。
f:id:takudeep:20160929234455j:plain

マルコポーロクラブとは

マルコポーロクラブはキャセイパシフィック航空の上級会員向けのマイレージプログラムで、入会するにはUS$100の入会金が必要です。それを払わないと会員としてランクを上げていくことすらできません。(ただし例外もありますが)
グリーン、シルバー、ゴールド、ダイヤモンドと4つのティアがあり、距離&搭乗クラスに応じたクラブポイントを貯めることでランクが決まっていきます。入会金を払った段階ではグリーンティアになり、ビジネスラウンジは利用できません。優先搭乗や専用カウンタでのチェックインなどのメリットは付いてきますので、少しだけ快適な旅になるでしょう。

f:id:takudeep:20160928232713j:plain

今回はマルコポーロクラブのステータスの中でもビジネスラウンジが利用できる最低ランクであるシルバーティアについて紹介してみます。
私は今このランクに属しているので、待ち時間をビジネスラウンジで過ごすことができています。

どんな特典があるのか

ビジネスラウンジの利用
無料Wifi、軽食、ドリンクサービス、シャワー室の利用ができます。特に香港国際空港(HKIA)のラウンジは設備も充実していて居心地はいいです。
インド出張の際には午前便で関西空港から香港を経由するときは5時間近くの待ち時間になるため、のんびりくつろげる空間は非常に助かります。

預入手荷物が優先扱い&超過10kg無料
出張での利用のみなので、今のところ大きなメリットは感じないです。
インド赴任中だと大量の食糧や荷物をいつも持ち込んでいたので、助かっていたでしょうね。

エコノミー利用時のビジネスへのアップグレード
僕は一度も経験したことはありませんが、何人かおいしい思いをした方を知っています。出張時に複数人で移動しているとき、一人だけビジネスへアップグレードしたやつがいると後でヒンシュクを買います。

他にも様々な特典がありますので、覗いてみてください。

f:id:takudeep:20160928232806j:plain

www.cathaypacific.com

どうやって上のティアを目指すのか

ANAの場合は上級会員の資格を目指すには、その年の1月から12月まででプレミアムポイントを貯める必要があるので、例えば、その年の10月から飛行機利用が増えて、ポイントを貯め始めても、2か月後の12月でリセットされてしまうため、勿体ないことになります。
マルコポーロクラブの場合は入会したその月を起点として1年間でステータスを上げるためにクラブポイントを貯めていくことができます。もしその年度中に新しいティアに上がれる条件を満たした場合は、その時点で一旦クラブポイントがリセットされ、その月から新たなティアとなり、もうひとつ上のティアを狙っていくことができるシステムになっています。つまり、入会金を払ってグリーンティアとなり、その年にどんなに多く飛行機を利用しても、一気にダイヤモンドティアに上がることはできないということです。
順々にしかステータスを上げていけない一方、その年度に飛行機利用が減ると今のステータスの維持もできません。
f:id:takudeep:20160928232955j:plain

キャセイパシフィック航空香港ドラゴン航空oneworld加盟航空会社を利用することでクラブ・ポイントを貯めることができますが、表を見ていただければわかる通り、100ポイント以上を一気に貯めようと思えば、ビジネスクラス以上を利用する必要があります。クラブポイント獲得とティアの維持のハードルはなかなか高いです。私も今はシルバーですが、維持できそうにありません。

ANAの場合はご存知”SFC”の存在がステータス到達の大きなメリットにもなっていますね。SFCを取得することで、一生涯ANAの上級会員としてのサービスを受けることができます。そういった制度のないマルコポーロクラブはステータスの維持が難しいだけに本当に限られた上客のために用意されたサービスだと思います。

マルコポーロ会員になる裏技

MUFGカードのプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードは入会でグリーンティアになることができるようなので、カードでもキャセイのマイル(アジアマイル)を貯めたい方は発行を考えても良いでしょうか。

まとめ

つらつらと書いてきましたが、マルコポーロクラブは入会金を払って会員になってしまえば、すぐに専用カウンタでのチェックインや優先搭乗などメリットがあります。キャセイパシフィック航空の利用が増える方は入会を検討してみてはいかがでしょうか。



かなりお得度が増している『モッピー』
お金がたまるポイントサイトモッピー

広告を非表示にする