インド人の数字に関する特徴

海外に出ると数え方、読み方ひとつをとっても日本との違いを知ることができます。インド人の場合はこんなことになっています。

インド人の指を使った数字の数え方

会社の現地スタッフ(インド人)に教わった、指を使った数字の数え方です。

例えば、皆さんは手を使って数字を数えるときどのような方法で数えていますか?
開いた手、まず親指を折って、次に人差し指を折って、小指まで折ると5本の指がすべて閉じた状態になります。これで5まで数えることができます。

ではインド人はどうやって数えるでしょう。

インドでは片手を使って簡単に”16”まで数えることができます。
聞いてみると、なるほどですが、今までそんなこと考えたこともありませんでしたよ。

下の絵を見てもらえればすぐに分かると思います。
親指を使って、小指から人指し指までの4本の指の付け根、関節、指先を数えていくことで”16”まで数えることができるのですね。

f:id:takudeep:20160929230657j:plain

子どもが覚えたての足し算、引き算をやるときに、両手の指を使って数えているのを見ていたとき、この方法を教えてやったら、どうなるだろと思いましたが、「変なことを教えるな」と妻に怒られそうなので、従来のやり方で計算する子どもを静観中です。
まあ、自分でやると、やっぱり慣れていないせいか、数えにくいですけどね。

インド人の数字の呼び方

駐在時代は社内でも数字を扱うことは仕事をする上で必須でしたが、聞きなれない(見慣れない)単位が出てきて戸惑いました。それが、日本で言うところの「10万」と「1000万」です。

日本 英語 インドでの呼び方
10万 One hundred thousand One lakh (ラック)
1000万 Ten million One crore (カロール)

テレビや新聞でも当たり前のように出てくるこの単位、たしか小切手でもこの単位が使えたと思います。
例えば、「10万」「100万」「1000万」が「One lakh」「One million」「One crore」とすべて”One~”となるので、一度覚えると割と使いやすかったです。(「100万」は「Ten lakh」とも言いますが、個人的には先述のように自分が分かりやすいように好き勝手使ってました)日本に帰ってきてしまっては通じないのでもう使い道がなさそうですね。