読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インドの気温は50度を超えることもあるけど常夏では無い件

ときどき、インドに行ったことがない人に、「インドに住んでいたときに冬が寒くて大変だった」と話すと「インドってずっと暑いんじゃないの?」と驚かれることがある。インドは広いので、南北で年間の気温の変化が違っています。なので、「インドはずっと暑い」はまあ間違いではないが、地域差があるということを覚えておいてほしい。

デリー周辺の気候はどんなものか

インドの気候は4~5月の暑季、6~10月の雨季、11月~3月の乾季にだいたい分けられます。
私が住んでいた北部のデリー周辺では5月ごろが1年間で最も暑くなる時期で、40度超えは当たり前です。私がいたころも確か暑い日だと50度近くまで上がる日もあったと思います。もはや、風が吹くとドライヤーの風を浴びているような感覚です。とにかく暑いです。暑すぎてよく人も死んでいます。そんなときでもカレーを食べて、インディアンティー(チャイ)を飲む、それがインドでの生活の一場面だったりもします。

幸い、社内はエアコンがよく効いていました。ていうか、聞いていなかったら仕事にならないでしょう。一方で私のアパートのエアコンは外の暑さについて行けず、能力を出しきっても何だか部屋の中は微妙に暑い、そんな季節です。

夏がそれだけ暑い一方で冬はどうかというと、まず12月~1月にかけてが一年の中で最も寒いです。この頃のデリーは濃霧のため飛行機も遅延、欠航となる日がよくあります。デリーを中心に北部は最低気温が氷点下を記録する日もあるくらいで、朝晩は気温が一ケタ台に下がり、なかなか寒いです。

夏にはアパートのエアコンは能力オーバーの暑さになすすべがありませんでした。では、冬はどうか。なんとこのエアコン、冷房機能しかないのです。インドの冬が大変なのはこれなんです。インドは冬が短いせいか暖房にあまり力を入れている気がしません。私はインドで越した2度の冬は電気ストーブ1台で過ごしました。会社から家に帰ると寝るときまでずっとストーブの前に座って過ごしていました。

冬はお風呂で温まりたい、でも…

ところで、寒いときには日本だと温かいお湯にゆっくり浸かって身体を温めたいものです。
でも、インドではお風呂においても試練が待っていたのです。それについては別の記事でまた紹介したいと思います。もうあの寒いアパートは住みたくないな、と改めて思いました。

広告を非表示にする