海外出張とラウンジとプライオリティパス

海外出張時に飛行機の待ち時間に利用したいのがラウンジです。落ち着いた空間で、ソフトドリンクやお酒、食事やシャワーもできて、Wi-Fiも使い放題、一度利用し始めると辞められなくなりますよね。SFCJGCマルコポーロクラブなどの航空会社マイレージプログラムの上級会員にならなくても、ラウンジを利用できるのが、「プライオリティパス」です。もちろん、それら上級会員のラウンジ利用はあくまでサービスの一部で、他にも旅を快適にするサービスを利用できるのがメリットです。

f:id:takudeep:20161015084030j:plain

ラウンジとプライオリティパス

ラウンジにはクレジットカードを持っていれば入れる空港ラウンジとビジネスクラス以上の搭乗者や航空マイレージプログラムの上級会員しか入ることができない航空会社運営のラウンジがあります。

プライオリティパスを持っていれば、その航空会社運営のラウンジを利用することができます。

会員になるには、直接申し込むか、プライオリティパスと提携しているクレジットカードを作ってから申し込むかの2択になりますが、通常、提携クレジットカードを作れば、そのカードの年会費だけで、プライオリティパスを持つことができるのでお得です。航空会社運営のラウンジになると、クレジットカード(一般的にはゴールドカード)保持者が利用できるラウンジに比べると利用できる人も少なくなるはずなので、混雑でストレスが貯まることもないです。(時期によってはたまには混んでることもありますけどね)

ラウンジには各種ソフトドリンク、お酒、パスタ、揚げ物、サンドイッチ、サラダ、麺類、カレー、おにぎり、ケーキ、お菓子、おつまみ、果物などが用意されています。国や場所にもよりますが、このあたり、インドの空港ラウンジは少し残念な感じでしょうか。

アメリカン・エキスプレス・グリーンカード

f:id:takudeep:20161015184536j:plain
今、手元にはグリーンカードとプライオリティパスがあります。個人的にはアメックスのグリーンカードの券面のデザインが好きで5年くらい持っていましたが、ここ数年はあまり利用することがなくなっています。インドにおいても、VISAカードがやはり強いです。アメックスを持っていなくても困らなかった。

アメリカン・エキスプレス・グリーンカードを持っていれば、「プライオリティ・パス・スタンダード会員」(通常99ドル/年間)へ無料登録ができます。

プライオリティパス会員も年会費で差があり

会員登録すると、プライオリティ・パスが提携する世界120ヵ国400都市950ヵ所以上の空港ラウンジを搭乗する航空会社や搭乗クラスに関係なく利用することができますが、プライオリティ・パスは3種類のクラスがあり、年会費の額によって、利用できる条件が異なります。
対象の空港ラウンジを無制限に何度でも利用できるのは「プレステージ会員」(通常399米ドル)です。

この他に「スタンダードプラス会員」「スタンダード会員」があります。「スタンダードプラス会員」(通常249米ドル)は年に10回までは無料でラウンジを利用することができ、それ以上は利用するたびに27米ドルの利用料がかかります。「スタンダード会員」では、ラウンジ利用のたびに27米ドルの利用代金がかかります。利用したことがある人なら、27米ドルという利用料が高いとは思わないかもしれません。

なお、アメリカン・エキスプレス・カードから会員になる場合、ゴールドでもグリーンと同じ「スタンダード会員」になるのですが、ゴールドだと年に2回まで無料でラウンジを利用することができます。

正直、乗り継ぎの空港で4、5時間も待ち時間があれば、お腹も空きますし、コーヒーだって飲みたくなります。10~20米ドルくらい使ってしまいそうです。それにWi-Fi利用やゆっくりくつろげる空間があれば、1回27米ドルはそこまで高くはないです。何ヵ国ものラウンジを利用しているわけではありませんが、インド以外の国なら(笑)そう思えます。

プライオリティパスと提携のカードと言えば

楽天プレミアムカードですね。このカードは「プレステージ会員」になることができるので、アメックスグリーンとほぼ同等の年会費ながら(むしろ楽天プレミアムの方が安い)、プライオリティパスのクラスでは、上になります。

これから、プライオリティパス会員への登録を考えている人は楽天プレミアムを作るのが良いでしょうね。

私も出張で使っていたマルコポーロクラブのサービスもおそらく今年度の利用実績がシルバーティアの条件を満たせそうになく、もうすぐラウンジ利用ができなくなります。プライオリティパスを持っておこうとするなら、今はポイントサイト「モッピー」で12000pt還元をやっていたときに作った楽天カードを持っているので、プレミアムカードへの切り替えを考えてもいいかもしれませんね。


広告を非表示にする