インドのATMって1/3が故障しているって本当でしょうか

インドでATMを利用したことはありますか?

ATMが1/3故障の国とはいったい

私はインドに住んでいたころ、現地のICICI銀行に口座を持っていて、生活費を引き出すために利用していました。

旅行で現地を訪れた人も、デビットカードやクレカ、国際キャッシュカードなど、ATMを利用して現金の入手ができますよね。


ところで、インドでは国内に約20万台のATMがあり、そのうちの3分の1が故障している、というニュースが今年の5月ごろにありましたが、ご存知でしょうか。

これってかなりの確率で遭遇する可能性がありますよね。さすがにデリーとか首都圏に設置されたATMはその確率は下がるんじゃないの?と思いますが、よくよく思い返してみれば、普段は使えていたATMが突然、利用停止になっていたりしていました。あれは故障中だったか分かりませんが、そんなニュースを見てしまうと、やっぱり故障中だったんだなと納得してしまいます。

田舎なら電力供給が十分にできないとか、砂に侵食されたとか、メンテする人間がいないとか、ノラ牛がぶつかったとか、いろいろとあるかもしれませんが。


なんの前触れもなく起こる

故障ではないですが、私もトラブルを経験しています。
日本では未経験だったので、少し焦りました。


ときどき利用するATMで、いつものように現金を引き出そうとカードを入れ、引き出し金額を打ち込んで、という作業を行いました。

異変に気付いたのは現金がまだ出てこないのに、利用明細だけが届いたときです。(明細がSMSで届きます。)

見ると預金残高は減っているのに、現金は出てこない。

日本円にして、約1万6千円です。あきらめるわけにはいきません。

そこで、ATMの番人(インドでは場所にもよりますが、ATMを1日中見張っているおじさんがいます。)に事情を説明し、なんとかしてもらおうとします。

彼いわく「今日はもう銀行は閉まっているので明日、銀行に直接交渉してくれ」とのこと。



次の日、私はすぐさま会社の現地人に泣きつき、銀行に説明してもらい、最終的にはお金が戻ってきました。
いきなり、日本人が現地の銀行に乗り込み、つたない英語でまずは身分証明からとか考えると、お手間はとらせましたが、最善の方法ですね。

駐在者の立場を利用して、楽をしてしまいました。


下の記事に載せなかったのは、今年見たニュースによれば、インド人たちもATMが使えないことに困っているようだったからです。
そして、エピソード的にも大して面白くもなさそうだったからでした。

広告を非表示にする