読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無印良品のバターチキンとナンを買ってみた

ときどき、インドで食べたおいしいバターチキンが食べたくなります。

日本にももちろんインド料理屋さんはあるんですが、家族で外食をするときに、

私「何食べたい?」

子「インド料理!」

私「また、インド料理か~」

子「だって、インドカレーおいしいもん。サモサも食べたくなるし!」

妻「あ、私も食べたい」

みたいな会話は絶対に生まれませんよね。

たいてい、「お寿司!」(回るやつ)とか「うどん!」、「ハンバーグ!」、「ハッピーセット!」くらいなものです。

かといって、ひとりでインド料理屋さんにわざわざ食べに行くのも寂しいですし。
そういうわけで、ときどきレトルトのバターチキンを買って試してみているわけです。

無印良品に挑戦

無印良品のバターチキンは以前から知っていましたが、食べるのは今回が初めてです。
バターチキンて、インドっぽい味が再現されているほど、日本のコメには合わないと思っていますので、ナンを相方にすることにしました。

f:id:takudeep:20161108203812j:plain

「フライパンでつくるナン」なるものも無印良品に売っています。

フライパンでつくるって・・・それはもう「ナン」ではなくて、「チャパティ」とかの類じゃないの?

と疑問も浮かんできましたが、こだわったところで我が家には窯とかもありませんので、さっそく調理に取り掛かります。

材料

  • フライパンでつくるナン(無印良品) 
  • バターチキン(無印良品
  • 油・・・少々
  • 水・・・100ml

ナンの作り方

  • 材料の無印良品のナンの素と水100mlと油を混ぜ合わせます。
  • こねていってまとまってきたら10分ほど寝かせます。

  ※4枚分焼けるので、寝かせるときに4等分に分けておきます。

  • 寝かせ終わったら、そいつを広げながら形を整えて、フライパンで焼いたら完成です。

調理というほどでもなく、寝かし時間を有意義にポイントサイト徘徊などで過ごして、あっという間に完成しました。

反省

f:id:takudeep:20161108203619j:plain
見栄えの悪さと、食器の地味さ、写真撮影の腕の無さがうまくミックスされて、ぜんぜんおいしそうに見えないものが出来上がってしまいました。
イメージと明らかに違います。

ちなみにナンにはバターを塗って、私の好きなバターナンに仕上げています。

バターチキンはおコメでもいけそうな(求めていたものとは少し違う)、トマト風味の効いたまずますのお味。

ナンについては、少し厚すぎたのか、こねる力が弱かったのか、寝かしが甘かったのか、焼き加減が悪かったのか、何となく課題の残る出来でした。

広告を非表示にする